アラフォー“おにいさん”の日記

自由人になりたい“おにいさん”の日記です。

「ぼくたちは習慣で、できている」

はい!みなさん今日は!せーごです!

 

この度株式会社ワニブックスさんよりご機会を頂き、佐々木典士さん著の「ぼくたちは習慣でできている The Last Self-Help」の新刊のレビューをさせて頂けることになりましたので、今日はそのレビューを書かせていただければと思います。

 

今回の新刊の「ぼくたちは習慣でできている The Last Self-Help」の著者、佐々木典士さんは、ベストセラーとなりました「ぼくたちに、もうモノは必要はない。」にてミニマリズムを世間にお広めになりました第一人者でもあります。私も発売された当時、こちらの本に衝撃を受け、ミニマリズムを生活に取り入れようとした人間でした。

そして今回の新刊、「ぼくたちは習慣でできている The Last Self-Help」いち早く読んでみたいと言うことで、今回レビューをさせて頂くという事になりました。

f:id:itsukamatakokode:20180624162923j:plain

 

かく言う私は、基本的に色々な事に「自由」で有りたいと常日頃考えている人間でして、(悪く言えば気持ちがノラないと何もしたくない人間です。)当然そのような人間には殆ど「習慣」という概念はなく、あると言っても、「歯を磨く」「ご飯を食べる」「寝る」「お風呂に入る」などなどある種生命を維持する最低限度な「習慣」だけです。

 

またこちらでスポーツジムについての「習慣」が書かれていましたが、これは私の経験に思い当たることばかり。。。最初は隣駅の大手のスポーツジムに通っていましたが、私が夜勤勤務ということもあり、休みの日に起きたら夕方〜夜で、ジムに行こうとしたら閉店ギリギリで、「また今度でいいか」と考えて月8日くらい通っていたのが週1になり、とうとう月2回という始末。そこで、家の近所の24時間営業のスポーツジムに入会したらしたらで、「いつでもジムに行ける」という考えが頭の中にあり、ついついジムに行く優先順位が後回しになってしまった。という苦い経験がありました。

 

これを解決するためには、「#ぼく習」にも書かれておりますが、ジムに行く行為の「トリガー」の作ることが習慣づくりの第一歩です。例えば「洗濯をしたらジムに行く」「毎週◯曜日の午後3時にタイマーをセットする」それらの行為がなされたら否応なしに、ジムに行くという感じにです。

 

ただ個人的には、これらのトリガーを実行するにはある程度自分の1日の予定を把握して行く必要があるため、現在の私のように興味があることに触診をあれこれ伸ばしていては、1日のことをすべてトリガーに関連付けて行うことは、難しいことかもしれません。

しかし、冒頭でご紹介させて頂きました、佐々木さん著の「ぼくたちに、もうモノは必要はない。」で書かれているミニマリズムとセットで考えれば「習慣」をより早く手に入れることが可能かもしれません。

ミニマリズムは家のモノを減らすとういうことのみならず、頭の中の思考を整理、管理することにも通じていると思うからです。

やはり最小の行動は大きなエネルギーを必要とするかもしれませんが、一度動き出した車輪は、後は惰性で回り続けて行きます。

 

日頃の日常に満足できていらっしゃらない方、マンネリを感じている方など一度この本、「ぼくたちは習慣でできている The Last Self-Help」を一読してみてはいかでしょうか。シンプルに「習慣」を身につけるきっかけになるかもしれません。

 

それでは、また!

下にリンクを張って置きます!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07DKY2XNC/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

B’z30周年 有楽町

はい!みなさんこんにちはせーごです!!

 

さて今回は5月11日に東京へ行ってきました!

 

B'z の30周年記念の展示会に行ってきました。こちらは昔の無印良品の建物で行わている有楽町で現在開催されているものですが、僕が行った時はちょうど開催期間が前編、後編に分かれている後編の初日の日でして、 展示会の内容は ウォークスルー型の展示会でした。

希望者には別料金で、美術館へ行った方ならわかると思いますが、ポータブルガイド?(展示場所で表示されている番号を選択すると、そこの展示物の説明をしてくれる。)音声ガイドがあります。松本さんと稲葉さんが音声で説明してくれるみたいですよ!!

僕は特に必要がないと思ったので利用していません(笑)

 

今回、いろいろの展示物を観て行った中で、個人的には今ライブ会場のセット図面などが面白かったですね(笑)。普通のファンの方なら衣装とか、楽器、楽譜などに興味あると思いますが、僕は、同業者(業界の仕事をしています)ですので、先程も書きましたが、ライブ会場のセット図面の方が興味ありました(笑)

 

展示会を観終わったら最後い別スペースにB'zとコラボした商品が売っており、ディズニー描き下ろしのTシャツも売っていましたが(これすごいですよね!!!)、全体的に売り切れ商品が多すぎて、欲しかった商品が買えなかったのがすごく心残りでした。大阪から行ったのでそうそう買いに行くことはできませんからね。

後は、値段も高めです(笑)ただ平日は入場料無料ですし、信者のお布施と考えれば納得できます←

結局購入したのは、湖池屋さんとコラボしたポテトチップス!!を4個購入しました(笑)とても、美味しかったですwww

 

B'zファンとしては、ライブはもちろんですが、このような展示会を観に来る方々ももちろんB'z好きな人達なわけで、そのような方々と同じ空間を共有できるということが、すごく楽しかったです!!

また、35周年、40周年とこのような企画をやってほしいです!

 

ちなみに私は、30周年のPleasureツアーファイナルの味の素スタジアムチケットが取れませんでした。。。

 

それではまた!!

 

【dヒッツ】

布団圧縮袋とダイソン

はい!こんにちはせーごです!

 

最近気温も暖かくなり、衣替えも進んで家のお布団も片付けたり、洋服を徐々に薄着へと片付けたりしてる人も多いかと思います。

 

私もそのうちの1人で、 毎年使っている掛け布団を圧縮袋に入れて片付けているのですが、今年も数日前に掛け布団を片付けようと思い布団を圧縮袋に入れて掃除機で吸うと思いました。

 

そこで掃除機を準備し、掛け布団を圧縮袋にいれていざ空気を吸い出そうとしたのですが、うまく行きません。

掃除機が圧縮袋の空気吸い出し弁の口に密着しないのです!

 

掃除機を最近、ダイソンに買い替えたのですが昔からの型の掃除機と違ってこれが 掃除機のノズルの先に延長のホースを脱着できるスイッチとスライドスイッチがついてるんですけど それにあたって、圧縮袋の空気吸出し口にフラットに密着しなくて 何度やっても布団の中の空気が抜けないんです。

 

そして トイレットペーパーの芯を入れてみて吸ってみたりとか色々試行錯誤したんですけれどもやはりダメでした。そして結局、布団圧縮パック専用の電動吸引ポンプというものAmazon で買ってしまいました(笑)

 

これダイソンの思わぬ盲点ですね。今回のこのダイソンの件をネットで調べてみるといろんな人が苦労してるみたいで、「100均グッズで使えるいいものがありました」と言う方が商品のリンクを貼ってくださったりとか、「ヨドバシカメラでこういうのがありました」と商品のリンクを貼ってくれてる方がいらっしゃったので、それを買おうかなと思ったんですけれども 、もうすでに商品が売っていませんでした。

 

ですので、生まれながらのめんどくさがりやの私としては、電動吸引ポンプを即購入しました。

www.amazon.co.jp

これからダイソンの掃除機のような掃除機を購入予定がある方は 、このような点に注意されて購入されるともいいかなと思います。流行りに流されてダイソンの掃除機買ってしまいましたが、普通の掃除機を購入していたら、こういう圧縮袋用の電動吸引ポンプを買う必要もなかったですよね(>_<)

 

スティック型掃除にはすぐに取り出せて掃除機を掛けられるので便利なんですけども、こういう盲点もあるんだと勉強になりました。

皆様のご参考になればうれしいです!

 

最後にその話を職場でしてたらダイソンを買おうと家電量量販店に行った人が店員さんに、ダイソンは毎日使用すると内蔵のバッテリーが約2年で悪くなるらしく、バッテリー交換するのに2万円程掛かるそうです。。。

こちらも盲点でした。普通が1番ですね(笑)

 

それではまた!

 

TDL:35周年

はい! みなさんこんにちはせーごです!

 

今日は先週末東京ディズニーランドに行ってきましたのでその話をしたいと思います 。

f:id:itsukamatakokode:20180521185854j:plain

 

東京ディズニーランド行ってきたのは、ゴールデンウィーク明けの先週の土曜日です。 

今年、東京ディズニーランドは35周年記念というイベントで盛り上がっていますが、普段大阪に住んでいる私はなかなかディズニーランドに遊びことがありません。 そしていつも東京に行くときは新宿に宿を取るのですが、 新宿から東京ディズニーランドまでなかなか距離があり、交通手段も最低一回は乗り換えなきゃいけませのでそれを考えると億劫になります。おそらく皆さん新宿から東京ディズニーランドへ行く際には電車が多いかと思うんですが、ここですごい便利な移動手段を今回はご紹介できればなと思っております。

 

その移動手段というのは新宿駅(バスタ新宿)からディズニーリゾートエリアまで JRと京成バスが運行している新宿から東京ディズニーリゾートまでのバスがあるんです!

f:id:itsukamatakokode:20180521185911j:plain

 

そのバスが僕らが前回行ったときも通常の高速バスの車両で十数人程度の乗車人数、今回も往路は 8人ぐらいで、帰りは新宿行きのバスの時刻がちょうどいいのがなかったので池袋行きに乗ったのですが、こちらはもっとすごい状態で、僕ら2人だけというすごい貸切状態でした(笑)

 

若い方は大丈夫だとは思いますが、アラフォーともなるとディズニーランドへ行くも大変なんですが(笑)一日中パーク内歩き回ってヘトヘトな状態でさらにディズニーランドやディズニー・シーのお客さんまとまって舞浜駅から混んでいる電車に乗って帰るのですが、当然座れない状況ですよね(笑)

ですのでそのバスに乗って行くと高速道路を通りますので乗車定員もありますし、1人1席必ず座れます。 そして交通運賃も1人1000円ということで座って帰れるということを考えたら非常に安いのかなと思います。

 

そして何より座って帰れるということは 新宿駅まで寝て帰れるわけですね(笑)これ非常にメリットですよね!新宿駅周辺に宿泊している人もさることながら、東京近郊の自宅へ帰宅する方々は、そのまま電車に乗るということになるので1時間ぐらいでゆっくりバスで寝て帰れば少しは体力も回復しますので自宅まで体力的にも余裕が生まれてくると思います。

 

時間的に余裕があれば新宿とか池袋 でご飯食べて帰ることもありなんじゃないかなと思います。 今年はディズニーランド35周年ということで、リニューアルしたアトラクション、レストランなどお土産とかなどをご紹介すればいいと思うんですが今回はなかなかのみなさんがご招待しないマニアックなディズニーリゾートエリアまでの交通手段についてご紹介してみました!

 

f:id:itsukamatakokode:20180521190029j:plain

自家用車で行くのもありですし、電車で行く方法のありますが 個人的には東京駅の京葉線の乗り換えの地下奥深くまでのホームへの移動が面倒くさいということもあり、新宿駅までバスで乗り換えなしでダイレクトに行けるというこのバスはもう移動手段で非常に便利!とうか絶対におすすめです!!!

 

では、また!

 

旅行なら楽天トラベル

母の日

 

はい皆さんこんにちは!せーごです!

 

4月も中盤に差し掛かり、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

さぁもうすぐゴールデンウィークですね!ゴールデンウィークが終わったらすぐに母の日が来ます。皆さんは毎年母の日を祝ってあげていますか?

 

僕は残念ながら、社会人になって初めての母の日祝ってあげてからちゃんとお祝いをしてあげた記憶がほとんどありません。親不孝者ですよね。

 

そこで!今年はちゃんと余裕があるので母の日のお祝いをしてあげたいと思います。そこで何をプレゼントしたらいいのかいろいろ最近考えているのですが、やっぱり社会人になってから初めてプレゼントしてあげたカーネーションがいいかなと思います。さらに私の母親は母の日の近くに母親の誕生日もありますので重ねてプレゼントを送っていければなと思っています。

 

私の母親は最近まで入院をしておりましたので、まぁほんとにプレゼント悩むんですが皆さんは母の日プレゼントしてあげていますか。本当に悩みますよね。まぁ靴がいいのかなあ。<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZF2YR+43NISY+3JGC+60WN6" target="_blank" rel="nofollow">花束とカーネーション</a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www16.a8.net/0.gif?a8mat=2ZF2YR+43NISY+3JGC+60WN6" alt="">と母親は足が悪いので履きやすく歩きやすい靴を送ってあげたいなと今のところ考えております。

まぁ私も30代にいろいろ両親の不幸な出来事があったものですからやはり親孝行ができるうちは親孝行しておけと言う考えが非常に強くなってきています。

 

両親を失ってしまってからでは親孝行が来ませんので。

まだ時間もありますのでこれからもうちょっと考えてプレゼントを送りたいと思います。皆さんも母の日にプレゼント送ってあげてはいかがでしょうか。親は気づいたら歳をとっていますから、離れて暮らしていてたまに会うと両親が年老いててびっくりします。私達の子で良かったと思ってもらいたいなと思います。

 

それではまた。

 

フラワーボックス【フローリストクラウン】

ゴールデンウィーク

皆さんこんにちは!せーごです!

 


先日このブログで紹介した大阪と東京間の安い旅行行程の検索をご紹介しましたが、今回はそれで東京5月行きのチケットを取りました。

出発は5月中旬の中旬ごろですが、往復JALの航空券を予約して、ホテルは2泊3日でなんと34,000円弱です。それも都内(新宿)のホテルです。これってすっごく安くないですか?(実際にはこの価格にマイルを使用したのでもっと安くなりましたw)

 

通常、飛行機単体でも先得などの安いチケットで片道10,000円から高くて20,000円くらいします。往復だと20,000〜40,000円です。そしてホテル代入れると1泊10,000円として(今回のホテルは、通常料金だと1泊1万数千円です。)今回は2泊なので、安くても20,000円です。個別に予約すれば、50,000〜60,000円くらいしますがっ! それが今回34000円ですよ!非常に安いですよね!

 

今回はJALのタイムセール期間中でしたのでいつもより安い金額で予約ができたんですが今ANAもタイムセールをやっていますので、ぜひゴールデンウィーク中の予定を悩んでいらっしゃる方がいましたら検索してみてください。飛行機なら新幹線と違って満席で立って乗車移動と言うこともなく全員が必ず座って行けますよね。当たり前ですけど(笑)

 

どうせなら旅費は安いことに限ります。旅費をおさえれば現地の旅行先でそのおさえて浮いたお金を使っておいしいものを食べたり楽しい思い出作りができますよね!

 

また例えば往復夜行バスでより安く行きたいって方もいらっしゃると思います。そうなるとじゃらんなどの旅行サイトでホテルを予約すると思いますが、これはホテル単体だとちょっと高いですよね。

で、そこで皆さんにお勧めしたいサイトなのですが、さっき説明しましたANAの旅行のサイトで、「@ホテル」と言うものがあるんですが、そこで検索をかけてみてください。下手をするとじゃらんなどよりも安い価格設定で同じホテルが出てきたりします!

 

そしてお目当てのホテルが満席でも枠が空いていたりすることがあります。これは、各旅行社がホテルの部屋おさえてる枠が決まっていますので、そこの辺の他社が満室でも他の会社がで調べると空いていると言うことがあるんですよね。

これは豆知識です(笑)

 

後は結婚記念日やデートなどスペシャルな日を兼ねて旅行する方もいらっしゃると思います。そういう方には「一休.com」と言うサイトがあります。こちらも会員登録しておきますと時々セール価格でホテルが泊まれることがあるんですね。これはヤバイです。

 

 

たまに価格が半額くらいの設定では予約できたりします。そしてその上ポイントが貯まったり次回の予約時にポイントを充当できます。「一休.com」掲載のホテルの傾向としてはラグジュアリーホテルが多いです。

宿泊とは別にレストランも予約できたりもしますので非常にハイクオリティーな空間を提供していただけるサイトだと思います。

これは実際に僕自身利用したサイトですので、間違いはありません。

 

ゴールデンウィークの旅行の計画は今からでも間に合うと思いますのでぜひ企画して楽しい旅行してきて下さいそれではまた! 

 

期待してはいけない

皆さん、こんにちは!せーごです。

 

さてさて世の中の企業では、新入社員が会社に入ってきてそれぞれの部署に配属された頃だと思います。(大きな企業に就職したことがないので、完全に想像ですが(笑))

 

新人さんはそろそろ仕事や職場の雰囲気にもアップアップかもしれません。そこで今回は新人教育について書いて行こうと思います。

 

 

私の実体験をお話しすると、学生の時代からバイトをしていた照明会社に入社したので、特にこれといって新酸味がなかったのですが、大学卒業して春休みはもう、就職先の仕事で全国ツアーを回っていて、入社日当日現場からホテルに帰るとホテルのフロントマンからFAXを渡れました。そこには「入社おめでとう」とデカデカと書かれたものでした(笑)

ですので、私の入社の思い出はそのくらいです。新人の私に対する教育は、当日パワハラなどの◯◯ハラスメントという言葉がなかったので、物凄かったですよ(笑)

業界では軍隊みたいな会社って言われてました。(新人当時は他の会社を知らなかったので、それが普通だと思ってました(笑))

具体的には、先輩の言うことは絶対で先輩が酒に酔っ払って終電で終点駅に行ってしまえば、電話が来て自分の車で迎えに行き私の家に泊めなくてはいけなかったり、酔っ払って首を締められて壁に押し付けられたり(ある意味壁ドンw)、無視されたり、僕の携帯をメールなどを勝手に観るなどは日常茶飯事でした。

 

その先輩たちもその上の先輩に”教育”をされて来たので、それが”教育”だと思い込んでいるのでしょう。世間の会社の中間管理職の人もごく一部の人だと信じたいですがいわゆる程度の差はあれ「パワハラ」を無意識に行っている方々はいると思います。

f:id:itsukamatakokode:20180416033127j:plain

「こんなに教えてあげたのに」、「新人が無能で理解できない」など考えている上司の方々、それが態度に出ていませんか?

それは、固定概念に凝り固まったおじさんのエゴです。新人にはいい意味で「期待してはいけない」のです。

 

本来”おじさん”は、若い人に耳を傾けて、しっかり理解し学ぶべきです。せっかく新しい人生感や概念を持った人と出会えるのにもったいないですよね!僕は楽しくてワクワクします。そしてお互いが理解しあえたら相乗効果でよりいいのものを生み出せると思いませんか? 

f:id:itsukamatakokode:20180416033200j:plain

 

僕も新人の頃、仕事で大物アーティストの方々の現場に行くことが多かったのですが、大物でずっと第一線にいる方は皆さん腰が低く謙虚でマジメな方々ばかりでした。

実るほど首を垂れる稲穂かな」とはよく言ったものです。

 

エゴおじさんの方々、今日から意識を変えて新人に「ありがとう」と言う事から始めて意識変えてみませんか?